2003年4月度 統一補選 情報


補選に関する主な動き


衆院東京6区補選

4/15 補選が告示され、自民党公認で保守新党が推薦する元職・越智通雄元金融相(74)と、民主党公認で
自由党が推薦する小宮山洋子前参院議員(54)の2名による争いが確定。

自民党 越智通雄元代議士(73)を公認。 同氏は2000年の総選挙で落選。
民主党 3/ 4 小宮山洋子参院議員(54)を擁立する方針を固めた。 同氏は1998年民主党比例区選出。
3/ 6 小宮山洋子参院議員が出馬を表明。 同氏は参院議員のまま立候補して自動失職する考えで、
民主党の比例代表名簿から次点候補(名簿14位 中島章夫元代議士)が繰り上げ当選となる。
3/18 小宮山洋子参院議員を公認。
4/15 小宮山洋子参院議員が補選に立候補を届け出た為、公職選挙法の規定により失職。
自由党 3/20 民主党公認の小宮山洋子参院議員を推薦することを決定。
共産党 世田谷区議の田中美代子氏(55)を擁立。

衆院山梨3区補選

4/15 補選が告示され、共産党公認の党地区役員深沢久氏(60)と無所属の元県会議長保坂武氏(58)の2新人による
争いが確定。

無所属 2/18 自民党3区支部長の県議・保坂武氏(58)が支部長を辞任し、無所属で立候補する意向を表明。
知事選を巡る混乱によるもので、離党はせずに当選後は自民党に所属する。
3/ 1 保坂武県議が、無所属での出馬を正式表明。 自民党3区支部長を辞任し、自民の支持・推薦は受けない方針。
民主党 前回総選挙で次点→比例区当選となった衆院議員・後藤斎氏(45)が くら替え出馬へ。
3/20 後藤斎代議士が「国政が重要局面にあるなかでの くら替え出馬は批判を避けられない」との理由で出馬を見送り。
共産党 候補者選考中。

中村喜四郎代議士 失職(茨城7区)

1/16 ゼネコン汚職事件で あっせん収賄罪に問われ、1審 実刑判決、2審 控訴棄却で上告していたが、
最高裁は中村被告側の上告を棄却する決定を下した。
これにより、懲役1年6月、追徴金1000万円の実刑判決が確定、公職選挙法と国会法の規定により失職する。
両法の規定に基づく現職国会議員の失職は 4人目となる。
1/29 最高裁第2小法廷が異議申し立てを棄却する決定を下し、国会法・公選法の規定により議員を失職した。
刑期が終了するまで立候補は出来ない。

衆院茨城7区補選

4/15 自民党公認で公明党・保守新党推薦の元農水官僚・永岡洋治氏(52)、自由党公認で民主党推薦の診療所院長・
加藤真砂子氏(54)、共産党公認の党県委員・稲葉修敏氏(41)、無所属の元岩井市長・吉原英一氏(54)の4新人に
よる争いが確定。

自由党 2/19 医師・加藤真砂子氏(53)の擁立を発表。 民主・社民との野党統一候補を目指し、民主党は推薦の方向。
2/22 民主党茨城県連が自由党・加藤真砂子氏を推薦する方針を決定。
3/ 4 民主党が推薦を決定。
無所属 2/13 元岩井市長の吉原英一氏(54)が立候補を表明。
自民党 1/26 元農水省課長の永岡洋治氏(52)を擁立することを県連が決定。
1/28 持ち回り選対会議で公認を決定。
共産党 1/20 県地区副委員長の新人・稲葉修敏氏(40)を擁立することを決定。

参院茨城選挙区補選

4/10 補選が告示され、自民党公認で公明・保守新が推薦する前水戸市長の岡田広氏(56)と、共産党公認で
党県書記長の小島修氏(40)の新人2名による争いが確定。

自民党 1/26 水戸市長の岡田広氏(55)を擁立することを県連が決定。
1/28 持ち回り選対会議で公認を決定。
共産党 1/20 県委書記長の新人・小島修氏(40)を擁立することを決定。
民主党 3/20 選対事務局会議で、候補者擁立の見送りを決定。


補選の記録

2003年4月27日 衆院 東京6区 40.63% 石井紘基氏(民主)死去による
99,600 小宮山 洋子 54 民主 自由 参議院議員(全国区)
57,783 越智 通雄 73 自民 元金融再生委員長
20,483 田中 美代子 55 共産 世田谷区議
(2000年総選挙結果)
93,919 石井 紘基 59 民主 元総務政務次官 死去
55,821 越智 通雄 71 自民 前金融再生委員長
38,167 保坂 展人 44 社民 教育ジャーナリスト 比例区で当選
30,914 鈴木 淑夫 68 自由 元野村総研理事長 比例区で当選
26,130 水無瀬 攻 56 共産 党地区副委員長
6,765 斉藤 りえ子 41 自由連合 前世田谷区議
山梨3区 54.51% 横内正明氏(自民)議員辞職による[知事選出馬]
98,509 保坂 武 58 無所属 県議 当選後は自民党に所属
29,054 深沢 久 60 共産 元県立高校教諭
(2000年総選挙結果)
86,300 横内 正明 58 自民 元法務政務次官 辞職
54,517 後藤 斎 42 民主 元農水省課長補佐 比例区で当選
13,875 菅沢 三郎 55 共産 党地区委員長
茨城7区 53.80% 中村喜四郎氏(無所属)の議員失職による[あっせん収賄罪 実刑確定]
70,251 永岡 洋治 52 自民 元農水省課長
51,798 吉原 英一 54 無所属 元岩井市長
34,608 加藤 真砂子 53 自由 民主 医師
6,890 稲葉 修敏 40 共産 県地区副委員長
(2000年総選挙結果)
88,095 中村 喜四郎 51 無所属 元建設相 失職
51,824 田中 勝也 47 無所属 元県議
36,307 永岡 洋治 49 無所属 元農水省課長
12,749 野村 五男 58 自由 元参議院議員
10,579 稲葉 修敏 38 共産 党地区政策委員長
参院 茨城選挙区 39.61% 久野恒一氏(自民)死去による
717,140 岡田 広 56 自民 公明・保守新 前水戸市長
172,455 小島 修 40 共産 党県書記長
(1998年選挙結果)
310,002 郡司 彰 48 民主 党県副代表
256,948 久野 恒一 61 自民 医療法人理事長 死去
212,912 野村 五男 56 自民 元法務政務次官
112,568 小島 修 34 共産 党県常任委員
77,762 武藤 博光 36 自由 元町議
(2001年選挙結果)
543,320 狩野 安 66 自民 元文部政務次官
256,908 小林 元 68 民主 元県教育長
114,994 加藤 真砂子 52 自由 内科医院院長
67,342 小松 豊正 53 共産 党県常任委員
62,822 吉岡 万理子 47 諸派 女性党役員


政党・選挙のトップ・ページへ