政党・会派の動向 2014.01-2014.12


☆ 政党・会派の動向
自民党
14/12/25 町村派 → 細田派に
町村派は総会で、衆院議長に就任した町村信孝会長に替わり 細田博之氏を後任とすることを決めた。

14/12/13 無所属 当選者を公認
無所属として立候補し、開票速報で当選確実と報道されていた井上貴博 前代議士の追加公認を発表した。

公明党
14/ 9/21 代表を選出
党大会が開催され、代表に山口那津男氏が4選された。 任期は2016年9月まで。

民主党
14/11/25 他党派所属の前代議士1名を公認
生活の党を離党した鈴木克昌 前代議士の次期総選挙での公認を発表した。

14/11/24 新党大地の鈴木貴子 前代議士を公認
選挙協力の合意を受けて、新党大地・鈴木貴子 前代議士の次期総選挙での公認を発表した。

14/11/23 他党派所属の前代議士4名を公認
みんなの党を離党した山内康一・中島克仁、無所属の阿部知子、生活の党を離党した小宮山泰子の前代議士4名の次期総選挙での
公認を発表した。

14/11/22 他党派所属の前代議士1名を公認
みんなの党を離党した柏倉祐司 前代議士の次期総選挙での公認を発表した。

14/11/11 後藤斎代議士が離党
離党届を提出していた後藤斎代議士の離党届を承認した。

14/10/24 後藤斎代議士が離党届を提出
山梨県知事選への出馬を理由に、後藤斎代議士が離党届を提出した。

14/ 2/ 4 山口壮代議士を除籍へ
離党届を提出していた山口壮代議士の除籍処分を、常任幹事会で決定した。

14/ 1/23 山口壮代議士が会派離脱
除籍処分とした山口壮代議士の会派離脱を、衆院事務局に届け出た。

維新の党
14/12/23 橋下徹共同代表が辞任
大阪都構想実現に専心することを理由に橋下徹共同代表が辞任し、江田憲司共同代表が代表に就任した。

14/10/14 大熊利昭代議士が会派入会
大熊利昭代議士の離党届が みんなの党で受理されたことを受けて、衆院会派への入会を衆院事務局に届け出た。

14/ 9/24 会派名変更
衆参両院の院内会派名称「日本維新の会・結いの党」を「維新の党」に変更することを、衆院事務局と参院事務局に届け出た。

14/ 9/21 新党結成
結いの党が合流し、みんなの党に離党届を提出した大熊利昭代議士を含め42代議士、11参院議員、合計53人で「維新の党」を結党した。
橋下徹大阪市長と江田憲司代議士の共同代表制を採用。

14/ 8/ 3 新党結成準備会を設置
結いの党と、新党結成準備会の設置を合意した。 新党の発足予定は9月21日。

14/ 8/ 1 新党結成
解党した日本維新の会の橋下新党派 32代議士、6参院議員、合計38人が「日本維新の会」を結成し、大阪府選挙管理委員会に
設立届を提出した。 代表に橋下徹大阪市長が就任。

日本維新の会(旧)
14/ 7/31 解党
大阪府選挙管理委員会に解散届を提出し、解党した。

14/ 7/ 9 衆院で新会派を結成
橋下新党参加者32名は結いの党9名との統一会派「日本維新の会・結いの党」を、石原新党参加者19名は「次世代の党」を、
それぞれ結成し、衆院事務局に届け出た。 新党に参加しない2名は無所属となった。

14/ 6/ 5 分党後の所属が確定
全所属議員が分党後の所属先を執行部に届け出た。
橋下新党参加者は37名(衆院31名、参院6名)、石原新党参加者は23名(衆院20名、参院3名)、無所属となるのは2名(衆院2名)。

14/ 5/29 分党を決定
執行役員会で分党、および所属議員に対して6月5日までに意思表示を求めることを決定した。

14/ 4/25 結いの党と参院統一会派を結成
結いの党との統一会派「日本維新の会・結いの党」を結成し、参院事務局に届け出た。

みんなの党
14/11/28 解党
解党を発表した。 総務大臣宛の届け出は12月2日付で行われる。

14/11/21 柏倉祐司・杉本和巳 両代議士が離党
次期総選挙に民主党から出馬することを理由に、柏倉祐司・杉本和巳 両代議士が離党届を提出した。

14/11/20 山内康一・中島克仁 両代議士が離党
次期総選挙に民主党から出馬することを理由に、山内康一・中島克仁 両代議士が離党届を提出した。

14/11/14 解党を決定
両院議員総会を開催し、賛成多数で解党を決定した。

14/10/14 大熊利昭代議士が離党
離党届を提出した大熊利昭代議士の離党が役員会で承認され、会派離脱を衆院事務局に届け出た。

14/ 9/11 大熊利昭代議士が離党届を提出
野党結集の必要性を理由に、大熊利昭代議士が離党届を提出した。

14/ 7/ 2 江口克彦参院議員の離党を承認
離党届を提出した江口克彦参院議員の離党が役員会で承認された。

14/ 6/21 江口克彦参院議員が離党届を提出
渡辺前代表に代表辞任を促したことへの けじめを理由に、江口克彦参院議員が離党届を提出した。

14/ 4/11 代表を選出
両院議員総会を開き、浅尾慶一郎代議士(50)を無投票で代表に選出した。
任期は2015年9月末まで。

14/ 4/ 7 代表辞任を表明
渡辺喜美代表が、8億円借り入れ問題を理由に辞意を表明した。

14/ 2/14 参院議員6名が会派離脱
離党届を提出している参院議員6名の会派離脱を、参院事務局に届け出た。

14/ 1/23 代議士7名が会派離脱
離党届を提出している代議士7名の会派離脱を、衆院事務局に届け出た。

結いの党
14/ 9/21 日本維新の会に合流
日本維新の会に合流し、「維新の党」を結党した。

14/ 8/ 3 新党結成準備会を設置
日本維新の会と、新党結成準備会の設置を合意した。 新党の発足予定は9月21日。

14/ 7/ 9 衆院で新会派を結成
橋下新党参加者32名との統一会派「日本維新の会・結いの党」を結成し、衆院事務局に届け出た。

14/ 4/25 日本維新の会と参院統一会派を結成
日本維新の会との統一会派「日本維新の会・結いの党」を結成し、参院事務局に届け出た。

14/ 2/14 参院で新会派結成
参院事務局に新会派結成を届け出た。

14/ 1/23 衆院で新会派結成
衆院事務局に新会派結成を届け出た。

共産党
生活の党と山本太郎となかまたち(旧・生活の党)
14/12/26 党名変更
山本太郎参院議員が合流し、党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」に変更した。

14/11/21 鈴木克昌・小宮山泰子 両前代議士が離党
次期総選挙に民主党から出馬することを理由に、鈴木克昌・小宮山泰子 両前代議士が離党届を提出した。

社民党
新党大地
14/11/24 鈴木貴子 前代議士が民主党より出馬
選挙協力の合意を受けて、鈴木貴子 前代議士の民主党公認が発表された。

新党改革
次世代の党
14/12/12 アントニオ猪木 参院議員が離党届を提出
アントニオ猪木 参院議員が離党届を提出した。

14/11/26 松沢成文・和田政宗 両参院議員が入党
解党を決定した みんなの党の松沢成文・和田政宗 両参院議員の入党を発表した。

14/11/26 西村真悟 前代議士を公認
太陽の党・西村真悟 前代議士の次期総選挙での公認を発表した。

14/11/20 浜田和幸参院議員が入党
無所属・浜田和幸参院議員が入党を発表した。

14/ 8/26 江口克彦参院議員が入党
無所属・江口克彦参院議員が入党を申請し、総務会で了承された。

14/ 8/ 1 参院で新会派を結成
新党結成に伴い、3参院議員が院内会派「日本維新の会・結いの党」を離脱、新会派「次世代の党」結成を参院事務局に届け出た。

14/ 8/ 1 新党結成
解党した日本維新の会の石原新党派 19代議士、3参院議員、合計22人が「次世代の党」を結成し、東京都選挙管理委員会に
設立届を提出した。 党首に平沼赳夫代議士が就任。

太陽の党
14/11/26 西村真悟 前代議士が離党
西村真悟 前代議士が離党し、総選挙での民主党の公認を得た。
これにより、党所属議員が不在となった。

14/ 9/25 活動を再開
西村真悟代議士は、休眠状態にあった「太陽の党」の継承と、自らの代表就任を発表した。
所属議員は1名、代表者などの変更届を東京都選挙管理委員会に提出した。

太陽の党は政党助成法上の政党要件を満たしており、政党交付金の交付資格を有している。

諸 派
14/12/18 旧みんなの党系会派が分裂
参院会派「みんなの党」の解散と、新会派「日本を元気にする会」と「無所属クラブ」の結成を参院事務局に届け出た。
日本を元気にする会には 行田邦子・松田公太・山田太郎・田中茂・山口和之・井上義行の6参院議員、無所属クラブには 水野賢一・
中西健治・薬師寺道代・渡辺美知太郎の4参院議員が所属する。


政党・選挙のトップ・ページへ