政党・会派の動向 2012.01-2012.12


☆ 政党・会派の動向
自民党

12/12/28 鳩山邦夫代議士が自民党会派に入会
復党した鳩山邦夫代議士の会派入会を衆院事務局に届け出た。

12/12/27 鳩山邦夫代議士が復党
党紀委員会を開催し、無所属・鳩山邦夫代議士の復党を決定した。

12/12/27 伊吹派 → 二階派に
伊吹派は総会で、衆院議長に就任した伊吹文明会長に替わり 二階俊博氏を後任とすることを決めた。

12/12/20 山崎派 → 石原派に
山崎派は総会で、山崎拓会長が辞任し、石原伸晃氏を後任とすることを決めた。

12/12/14 旧たちあがれ日本との参院統一会派を解消
参院会派に所属している、日本維新の会の片山虎之助・中山恭子両参院議員の退会と、「自民党・無所属の会」への名称変更を
参院事務局に届け出た。

12/11/28 長谷川大紋参院議員が復党
党紀委員会を開催し、無所属・長谷川大紋参院議員の復党を了承した。

12/10/ 4 高村派 → 大島派に
高村派は総会で、副総裁に就任した高村正彦会長に替わり 大島理森氏を後任とすることを決めた。

12/10/ 4 古賀派 → 岸田派に
古賀派は総会で、辞任した古賀誠会長に替わり 岸田文雄氏を後任とすることを決めた。

12/ 9/26 総裁選出選挙
谷垣禎一総裁の任期満了に伴う総裁選挙は、党所属国会議員の投票と地方票では過半数の得票者がなく、上位2名の候補者に対する
国会議員による決選投票の結果、安倍晋三氏(58)が新総裁に選出された。任期は2015年9月まで。

第一回投票は、
石破 茂氏が「199票」(議員票34、地方票165)
安倍晋三氏が「141票」(議員票54、地方票 87)
石原伸晃氏が「 96票」(議員票58、地方票 38)
町村信孝氏が「 34票」(議員票27、地方票 7)
林 芳正氏が「 27票」(議員票24、地方票 3)

決選投票は、
安倍晋三氏が「108票」
石破 茂氏が「 89票」
無効票が「1票」

総裁選挙の情勢
立候補 町村 信孝67元内閣官房長官町村派9/ 7 出馬表明、町村派(多数)
立候補 石破 茂55元農林水産相無派閥9/10 出馬表明、派閥の支持なし
立候補 石原 伸晃55幹事長山崎派9/11 出馬表明、額賀派+山崎派
立候補 安倍 晋三58元首相町村派9/12 出馬表明、町村派(一部)+麻生派+高村派
立候補 林 芳正51元経済財政担当相古賀派9/13 出馬表明、古賀派(非谷垣系)
出馬断念 谷垣 禎一67総裁古賀派古賀派の支持取付けに失敗、9/10 出馬断念を表明
出馬断念 甘利 明63元経済産業相山崎派8/31 安倍晋三元首相の支援を表明

12/ 9/25 谷畑孝代議士が離党
新党への参加を理由に谷畑孝代議士が離党届を提出、党は会派離脱を衆院事務局に届け出た。

12/ 9/12 松浪健太代議士が会派離脱
離党届を提出している松浪健太代議士の会派離脱を衆院事務局に届け出た。

12/ 9/11 松浪健太代議士が離党届を提出
新党への合流を理由に、松浪健太代議士が離党届を提出した。

12/ 8/ 1 長谷川大紋参院議員が自民党会派に入会
無所属の長谷川大紋参院議員が参院会派に入会した。

12/ 5/18 城内実代議士が復党
院内会派「自民党・無所属の会」の無所属・城内実代議士が復党した。

12/ 1/18 たちあがれ日本と参院で統一会派を結成
たちあがれ日本と参院で統一会派「自民党・たちあがれ日本・無所属の会」を結成した。

公明党
12/ 9/22 代表を選出
党大会が開催され、代表に山口那津男氏が3選された。 任期は2014年9月まで。

民主党

12/12/25 代表選出選挙
野田佳彦代表の辞任に伴う代表選出選挙が実施され、国会議員による投票の結果、海江田万里氏(63)が代表に選出された。
得票数は海江田万里氏が「90票」、馬淵澄夫氏が「54票」、無効票が「1票」だった。 任期は2015年9月まで。

代表選挙の情勢
立候補 海江田 万里63元経済産業相赤松G12/22 出馬表明、赤松G+旧鹿野G+旧民社党G+旧社会党Gなど
立候補 馬淵 澄夫52元国土交通相12/23 出馬表明、野田Gなど
出馬断念 蓮舫45前行政刷新担当相野田G12/23 出馬断念、馬淵氏支持へ

12/12/17 国民新党との統一会派を解消
参院での国民新党との統一会派を解消し、「民主党・新緑風会」への名称変更を参院事務局に届け出た。

12/12/ 1 前代議士1名を除籍
離党届を提出している辻恵 前代議士を、除籍処分とした。

12/11/30 前代議士1名が離党届を提出
辻恵 前代議士が、離党届を党本部に郵送した。

12/11/21 前代議士13名を除籍
離党届を提出している前代議士13名を除籍処分とした。

12/11/19 前代議士3名が離党届を提出
阪口直人・小沢鋭仁・山田正彦の前代議士3名が、離党届を提出した。

12/11/16 前代議士5名が離党届を提出
初鹿明博・福田衣里子・橋本勉・長尾敬・川口浩の前代議士5名が、離党届を提出した。

12/11/15 3代議士が離党届を提出
山崎誠・富岡芳忠・中川治の3代議士が、離党届を提出した。

12/10/30 杉本和巳代議士が会派離脱
離党届を提出している杉本和巳代議士を除籍処分とする方針を決め、会派離脱を衆院事務局に届け出た。

12/10/29 2代議士が離党届を提出
党への不信を理由に、熊田篤嗣・水野智彦 両代議士が離党届を提出した。

12/10/24 国民新党と統一会派を結成
国民新党と衆参両院で統一会派を結成した。
会派名は衆院が「民主党・無所属クラブ・国民新党」、参院が「民主党・新緑風会・国民新党」。

12/10/24 水戸将史参院議員が会派離脱
除籍処分とした水戸将史参院議員の会派離脱を参院事務局に届け出た。

12/10/16 土肥隆一代議士が入会
無所属の土肥隆一代議士が院内会派「民主党・無所属クラブ」に入会した。

12/10/ 5 4議員を除籍
離党届を提出している松野頼久・石関貴史・今井雅人の各代議士と水戸将史参院議員を除籍処分とし、3代議士の会派離脱を衆院事務局に
届け出た。

12/10/ 5 杉本和巳代議士が離党届を提出
政策の不一致を理由に、杉本和巳代議士が離党届を提出した。

12/ 9/25 今井雅人代議士が離党届を提出
新党への参加を理由に、今井雅人代議士が離党届を提出した。

12/ 9/21 代表選出選挙
任期満了に伴う代表選出選挙を実施、党員・サポーター票、地方議員票、国会議員・公認候補票が開票され、現 代表の野田佳彦氏(55)が
代表に再選された。

得票数は野田代表が「818ポイント」(国会議員429、地方議員93、党員・サポーター296)、
原口一博元総務相が「154ポイント」(国会議員62、地方議員20、党員・サポーター72)、
赤松広隆元農水相が「123ポイント」(国会議員81、地方議員18、党員・サポーター24)、
鹿野道彦元農水相が「113ポイント」(国会議員86、地方議員10、党員・サポーター17)、
欠席・無効票が「23ポイント」、任期は2015年9月まで。

代表選挙の情勢
立候補 野田 佳彦55首相野田G9/ 7 出馬表明、野田G++旧民社党G+前原G
立候補 原口 一博53元総務相原口G9/ 9 出馬表明、旧小沢G
立候補 赤松 広隆64元農林水産相旧社会党G9/10 出馬表明、旧社会党G
立候補 鹿野 道彦70前農林水産相鹿野G9/10 出馬表明、鹿野G
出馬断念 馬淵 澄夫52元国土交通相9/ 8 立候補見送りを表明
出馬断念 細野 豪志41環境相9/ 7 立候補見送りを表明
出馬断念 田中 真紀子68元外相9/ 7 出馬要請辞退を表明
出馬断念 山田 正彦70元農林水産相9/ 5 出馬断念 → 原口支持へ
出馬断念 桜井 充56政調会長代理9/ 5 出馬断念
出馬断念 小沢 鋭仁58元環境相小沢鋭G

12/ 9/11 3議員が離党届を提出
新党への合流を理由に松野頼久・石関貴史 両代議士、水戸将史参院議員が離党届を提出した。

12/ 8/30 2代議士を除籍
離党届を提出している小林興起・小泉俊明 両代議士を除籍処分とし、会派離脱を衆院事務局に届け出た。

12/ 8/ 9 2代議士が離党届を提出
消費増税への反対を理由に小林興起・小泉俊明 両代議士が離党届を提出し、内閣不信任決議案に賛成した。

12/ 7/31 中津川博郷代議士を除籍
離党届を提出している中津川博郷代議士を除籍処分とし、会派離脱を衆院事務局に届け出た。

12/ 7/24 参院議員3名の離党を承認
舟山康江・行田邦子・谷岡郁子参院議員から提出されている離党届を受理し、3名の会派離脱を参院事務局に届け出た。

12/ 7/18 中津川博郷代議士が離党届を提出
消費増税法案に反対票を投じ党員資格停止処分を受けた中津川博郷代議士が離党届を提出した。

12/ 7/17 参院議員3名が離党届を提出
大飯原発再稼働および消費増税法案への反対を理由に、舟山康江・行田邦子・谷岡郁子参院議員が離党届を提出した。

12/ 7/17 加藤学代議士を除籍
離党届を提出している加藤学代議士を除籍処分とし、会派離脱を衆院事務局に届け出た。

12/ 7/ 9 米長晴信参院議員が会派離脱
離党届を提出している米長晴信参院議員の会派離脱を参院事務局に届け出た。

12/ 7/ 6 米長晴信参院議員が離党届を提出
消費増税法案への反対を理由に、米長晴信参院議員が離党届を提出した。

12/ 7/ 4 加藤学代議士が離党届を提出
消費増税法案に反対票を投じ党員資格停止処分の対象となっている加藤学代議士が離党届を提出した。

12/ 7/ 4 代議士37名が会派離脱
離党届を提出している代議士37名の会派離脱を衆院事務局に届け出た。

12/ 7/ 3 衆参14名が民主党を離党
平智之、高邑勉 両代議士が提出していた離党届を受理し、会派離脱を衆院事務局に届け出た。
また、消費増税法案への反対を理由に離党届を提出した参院議員12名の離党届も受理し、会派離脱を参院事務局に届け出た。

12/ 7/ 3 水野智彦代議士が離党届を撤回
水野智彦代議士が提出した離党届の撤回を申し入れ、党常任幹事会で了承された。

12/ 7/ 2 所属議員50名が離党届を提出
消費増税法案への反対を理由に、小沢一郎元代表グループの一部である代議士38名と参院議員12名の合計50名が離党届を提出した。

衆議院: 小沢一郎、東祥三、山岡賢次、牧義夫、鈴木克昌、樋高剛、小宮山泰子、青木愛、太田和美、岡島一正、古賀敬章、松崎哲久、
横山北斗、相原史乃、石井章、石原洋三郎、大谷啓、大山昌宏、岡本英子、笠原多見子、金子健一、川島智太郎、菊池長右ェ門、
木村剛司、京野公子、熊谷貞俊、黒田雄、菅川洋、瑞慶覧長敏、高松和夫、玉城デニー、中野渡詔子、萩原仁、畑浩治、福嶋健一郎、
水野智彦、三宅雪子、村上史好
参議院: 主浜了、森裕子、広野允士、平山幸司、中村哲治、姫井由美子、佐藤公治、友近聡朗、外山斎、藤原良信、谷亮子、はたともこ

12/ 6/27 高邑勉代議士が離党届を提出
7月12日告示の山口県知事選への出馬準備を理由に、高邑勉代議士が離党届を提出した。

12/ 6/18 平智之代議士が離党届を提出
関西電力大飯原発の再稼働決定への抗議を理由に、平智之代議士が離党届を提出した。

12/ 5/ 8 2代議士が離党
木内孝胤、平山泰朗両代議士から提出されてた離党届が受理された。

12/ 4/11 平山泰朗代議士が離党届を提出
消費増税方針への抗議を理由に、平山泰朗代議士が離党届を提出した。

12/ 4/ 2 木内孝胤代議士が離党届を提出
消費増税関連法案を閣議決定したことへの抗議を理由に、木内孝胤代議士が離党届を提出した。

12/ 2/14 新党大地・真民主が独自会派結成
新党大地・真民主の横峯良郎・平山誠 両参院議員の会派離脱を参院事務局に届け出た。

12/ 2/ 7 10代議士を除籍
離党届を提出していた10代議士を除籍処分とした。

12/ 1/18 10代議士が民主党会派を退会
離党届を提出している10代議士の会派離脱を衆院事務局に届け出た。
中島政希代議士は無所属に、他の9名は新会派を結成する。

共産党
社民党
12/11/29 阿部知子 前代議士を除籍
離党届を提出している阿部知子 前代議士を、除籍処分とした。

12/11/15 阿部知子代議士が離党届を提出
新党への参加を理由に、阿部知子代議士が離党届を提出した。

12/ 2/24 福島瑞穂党首再選
定期党大会に於いて、福島瑞穂党首の無投票再選が承認された。 任期は2年。

国民新党
12/12/17 民主党との統一会派を解消
参院での民主党との統一会派を解消し、単独会派「国民新党」の結成を参院事務局に届け出た。

12/11/26 平山泰朗 前代議士が離党
平山泰朗 前代議士が離党届を提出した。

12/10/24 民主党と統一会派を結成
民主党と衆参両院で統一会派を結成した。
会派名は衆院が「民主党・無所属クラブ・国民新党」、参院が「民主党・新緑風会・国民新党」。

12/10/ 1 平山泰朗代議士が入党
院内会派「国民新党・無所属会」の無所属・平山泰朗代議士が入党し、「国民新党」への会派名変更を衆院事務局に届け出た。

12/ 6/27 平山泰朗代議士が会派に入会
無所属の平山泰朗代議士の入会、および「国民新党・無所属会」への会派名変更を衆院事務局に届け出た。

12/ 4/ 9 新党日本との統一会派解消および2議員の会派退会
離党表明した亀井静香代議士と亀井亜紀子参院議員の会派退会、および日本新党との衆院統一会派解消を衆参両院の事務局に届け出た。
これに伴い、衆院会派名を「国民新党」に変更した。

12/ 4/ 6 亀井静香代議士と亀井亜紀子参院議員が離党表明
亀井静香代議士と亀井亜紀子参院議員が離党する意向を表明した。

12/ 4/ 6 代表を自見庄三郎参院議員に変更
5日の議員総会での亀井静香代表の解任決議を受け、自見庄三郎代表への役員変更届を東京都選挙管理委員会に提出し、
総務省で受理された。

新党改革
12/ 1/18 たちあがれ日本との統一会派を解消
たちあがれ日本からの参院統一会派「たちあがれ日本・新党改革」解消の申し入れを受け、会派解消に同意した。

新党大地
12/12/28 平山誠参院議員が離党
平山誠参院議員が離党届を提出し、受理された。

12/11/28 党名を変更
新党大地・真民主は、「新党大地」への党名変更を総務省に届け出た。

12/ 2/14 参院で独自会派を結成
横峯良郎・平山誠 両参院議員が民主党会派を離脱し、独自会派結成を参院事務局に届け出た。

12/ 1/23 衆院で独自会派を結成
民主党との統一会派結成を断念し、衆院事務局に独自会派結成を届け出た。

12/ 1/ 5 党名を変更
大地・真民主党は、「新党大地・真民主」への党名変更を総務省に届け出た。 変更理由は新党大地の名称が浸透している為。

みんなの党
12/11/24 小熊慎司参院議員を除籍
離党届を提出している小熊慎司参院議員を、除籍処分とした。

12/11/22 富岡芳忠 前代議士が入党
富岡芳忠 前代議士が入党した。

12/11/13 平智之代議士が入会
無所属の平智之代議士の院内会派への入会を衆院事務局に届け出た。

12/10/30 杉本和巳代議士が入会
民主党会派を離脱した杉本和巳代議士の院内会派への入会を衆院事務局に届け出た。

12/10/16 杉本和巳代議士が入党
民主党に離党届を提出している杉本和巳代議士が入党した。

12/ 9/28 代表を選出
両院議員総会が開催され、代表に渡辺喜美氏が再選された。 任期は2015年9月まで。

12/ 9/25 2参院議員が離党
上野宏史・桜内文城両参院議員から提出されてた離党届が受理された。

12/ 9/11 3議員が離党届を提出
新党への合流を理由に、上野宏史・小熊慎司・桜内文城の各参院議員が離党届を提出した。

太陽の党 (旧・たちあがれ日本)
12/11/17 日本維新の会に合流
日本維新の会への合流を決定した。

12/11/13 党名を変更
たちあがれ日本は「太陽の党」への党名変更を総務省に届け出た。 石原慎太郎・平沼赳夫の両氏が共同代表に就任。

12/ 1/18 自民党と参院で統一会派を結成
新党改革との参院統一会派「たちあがれ日本・新党改革」を解消し、自民党と統一会派「自民党・たちあがれ日本・無所属の会」を結成した。

新党きづな
12/11/15 国民の生活が第一への合流を決定
国民の生活が第一と合同議員総会を開催し、解党と内山晃代表を除く全所属議員の同党への合流を決定した。

12/11/14 解党を決定
国民の生活が第一と合流する為に、解党手続きをとることを決定した。

12/11/ 8 三輪信昭代議士が離党
国民の生活が第一への入党を理由に、三輪信昭代議士が離党した。

12/10/23 渡辺義彦代議士が離党
国民の生活が第一への入党を理由に、渡辺義彦代議士が離党した。

12/ 7/12 国民の生活が第一と統一会派を結成
国民の生活が第一との衆院統一会派「国民の生活が第一・きづな」を結成した。

12/ 1/18 衆院で新会派を結成
民主党を離党した9代議士が新会派「新党きづな」を結成し、衆院事務局に届け出た。

12/ 1/ 4 新党結成
民主党に離党届を提出した9代議士が、「新党きづな」を結成した。 代表に内山晃代議士が就任。
参加議員は内山、渡辺浩一郎、豊田潤多郎、斎藤恭紀、中後淳、石田三示、三輪信昭、小林正枝、渡辺義彦の各代議士。

新党日本
12/ 4/ 9 統一会派を退会
国民新党との統一会派を退会した。

12/ 4/ 6 国民新党との衆院統一会派を解消
亀井静香代議士の国民新党離党表明を理由に、同党との衆院統一会派の解消を発表した。

国民の生活が第一
12/11/27 日本未来の党への合流を決定
常任幹事会で、解党と日本未来の党への合流を決定した。

12/11/20 木内孝胤 前代議士が入党
木内孝胤 前代議士が入党した。

12/11/19 内山晃 前代議士が入党
内山晃 前代議士が入党した。

12/11/15 新党きづなとの合流を決定
新党きづなと合同議員総会を開催し、同党の解党と内山晃代表を除く全所属議員の受け入れを決定した。

12/ 7/17 加藤学代議士が入党
民主党を除籍された加藤学代議士が入党し、会派入会を衆院事務局に届け出た。

12/ 7/12 新党きづなと衆院統一会派を結成
新党きづなとの衆院統一会派「国民の生活が第一・きづな」を結成した。

12/ 7/11 新党結成
民主党を除籍された36代議士、離党届提出中の1代議士、離党した12参院議員の計49人が、「国民の生活が第一」を結成した。
代表に小沢一郎代議士が就任。

12/ 7/ 5 衆院会派名を変更
衆院会派名の「国民の生活が第一」への名称変更を衆院事務局に届け出た。

12/ 7/ 4 新会派を結成
民主党に離党届を提出した37代議士が新会派「国民の生活が第一・無所属の歩」を衆院事務局に、民主党を離党した参院議員12人が
新会派「国民の生活が第一」を参院事務局に、それぞれ届け出た。

日本維新の会
12/12/18 参院で院内会派を結成
参院で院内会派「日本維新の会」を結成し、衆院事務局に届け出た。
会派所属議員は、片山虎之助、中山恭子、水戸将史の3名。

12/12/14 自民党との参院統一会派を解消
自民党との参院統一会派を解消し、片山虎之助・中山恭子両参院議員が無所属となった。

12/11/21 前代議士2名が入党
中津川博郷・川口浩の前代議士2名が、入党した。

12/11/19 前代議士2名が入党
民主党に離党届を提出した阪口直人・小沢鋭仁の前代議士2名が、入党した。

12/11/17 太陽の党と合流
太陽の党との合流を決定した。 日本維新の会が存続し、代表には石原慎太郎氏が就任。

12/10/ 9 衆院で院内会派を結成
衆院で院内会派「日本維新の会」を結成し、衆院事務局に届け出た。
会派所属議員は、松野頼久・石関貴史・松浪健太・谷畑孝・今井雅人の5代議士。

12/10/ 2 谷畑孝・今井雅人 両代議士が入党
無所属の谷畑孝代議士と民主党に離党届を提出中の今井雅人代議士が入党した。

12/ 9/12 新党結成
地域政党「大阪維新の会」が新党「日本維新の会」を結成し、民主党・自民党・みんなの党に離党届を提出した7議員が合流した。
参加議員は松野頼久、石関貴史、松浪健太の各代議士、水戸将史、上野宏史、小熊慎司、桜内文城の各参院議員。
代表に橋下徹大阪市長が就任。

減税日本・反TPP・脱原発を実現する党 (旧・減税日本)
12/11/27 日本未来の党への合流を表明
山田正彦代表が、日本未来の党への合流を表明した。

12/11/26 平山泰朗 前代議士が入党
平山泰朗 前代議士が入党した。

12/11/26 小林興起 前代議士が離党撤回
小林興起 前代議士が離党届を撤回した。

12/11/22 反TPP新党と合流
「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」との合流を発表した。
新党名は「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」で、河村たかし・山田正彦の両氏が共同代表に就任。
所属は小林興起 前代議士を含む両党所属の前代議士8名。

12/11/21 小林興起 前代議士が離党
日本維新の会への移籍を希望している小林興起 前代議士が離党届を提出した。

12/11/20 橋本勉 前代議士が入党
橋本勉 前代議士が入党した。

12/11/13 平智之代議士が退会
無所属の平智之代議士が統一会派「減税日本・平安」を退会し、「減税日本」への会派名結成を衆院事務局に届け出た。

12/10/31 新党結成
地域政党「減税日本」が政党設立を総務省に届け出て、国政政党化した。
参加議員は無所属の小林興起・小泉俊明・佐藤夕子の3代議士と、民主党に離党届を提出している熊田篤嗣・水野智彦 両代議士の5名。
代表に河村たかし名古屋市長が就任。

12/ 8/31 新会派「減税日本・平安」を結成
無所属の小林興起、小泉俊明、佐藤夕子、平智之の4代議士が、新会派「減税日本・平安」の結成を衆院事務局に届け出た。

みどりの風
12/12/28 亀井静香代議士と平山誠参院議員が入党
生活の党を離党した亀井静香代議士と新党大地を離党した平山誠参院議員が入党した。

12/12/27 日本未来の党との合流を拒否
日本未来の党を分党する嘉田由紀子代表から合流の打診があり、これを拒絶した。

12/11/27 前代議士3名の日本未来の党への合流を表明
谷岡郁子代表らが、前代議士3名を日本未来の党に合流させ、当選後は復党させる方針を表明した。

12/11/19 初鹿明博 前代議士が入党
民主党に離党届を提出した初鹿明博 前代議士が入党した。

12/11/16 福田衣里子 前代議士が入党
民主党に離党届を提出した福田衣里子 前代議士が入党した。

12/11/15 新党結成
参院会派「みどりの風」が政党設立を総務省に届け出て、国政政党化した。
参加議員は会派所属の4参院議員と民主党に離党届を提出した山崎誠代議士の計5名で、4参院議員による共同代表制を採る。

12/ 7/24 新会派「みどりの風」を結成
無所属の舟山康江・行田邦子・谷岡郁子・亀井亜紀子の4参院議員が、新会派「みどりの風」の結成を参院事務局に届け出た。

生活の党 (旧・日本未来の党より分党)
12/12/28 2代議士が会派離脱
亀井静香、阿部知子 両代議士の会派離脱を、衆院事務局に届け出た。

12/12/27 党名を変更
日本未来の党は、「生活の党」への党名変更を総務省に届け出た。 代表は森裕子参院議員に変更。

12/12/27 分派を決定
両院議員総会を開催し、国民の生活が第一に所属していた15議員と、嘉田由紀子代表や阿部知子代議士らのグループとに分派する為の
分党確認書を承認した。

12/12/27 亀井静香代議士が離党届を提出
党に一体感がないことを理由に、亀井静香代議士が離党届を提出した。

12/12/20 参院会派名を変更
参院の院内会派名を「国民の生活が第一」から「日本未来の党」に変更することを、参院事務局に届け出た。

12/11/30 辻恵 前代議士が合流を表明
辻恵 前代議士が民主党に離党届を党本部に郵送し、新党への合流を表明した。

12/11/28 新党結成
日本未来の党が政党設立を総務省に届け出た。
参加議員は減税日本・反TPP・脱原発を実現する党の山田正彦 前代議士、国民の生活が第一の川島智太郎 前代議士と広野允士・森裕子・
佐藤公治・主浜了・谷亮子の5参院議員、無所属の阿部知子 前代議士、の合計8人。 代表に嘉田由紀子 滋賀県知事が就任。
減税日本・反TPP・脱原発を実現する党と国民の生活が第一の全議員とみどりの風の前代議士が参加する。

12/11/27 阿部知子 前代議士が参加表明
阿部知子 前代議士が新党への参加を表明した。

12/11/27 みどりの風の前代議士3名が合流へ
みどりの風は、前代議士3名を新党に合流させ、当選後は復党させる方針を表明した。

12/11/27 減税日本・反TPP・脱原発を実現する党が合流を表明
減税日本・反TPP・脱原発を実現する党が、新党への合流を表明した。

12/11/27 国民の生活が第一が合流を決定
国民の生活が第一は、解党した上で新党に合流することを決定した。

12/11/27 新党結成へ
滋賀県の嘉田由紀子知事が、新党「日本未来の党」結成を表明した。

日本未来の党
12/12/28 新党結成
「日本未来の党」の政治団体設立を総務相に届け出た。
参加議員は阿部知子代議士のみで、嘉田由紀子氏と阿部氏の共同代表制を採る。

諸 派
12/11/22 反TPP新党が減税日本に合流
「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」は、減税日本との合流を発表した。

12/11/21 結党を見送り
「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」は、結党を当面見送ると発表した。

12/11/19 反TPP新党結成
山田正彦・亀井静香 前代議士が新党「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」の結成を発表した。
代表に山田正彦氏が就任。

12/ 7/31 中津川博郷代議士が改革無所属の会に入会
民主党を離党した中津川博郷代議士が、衆院会派「改革無所属の会」に入会した。

12/ 7/19 新会派「改革無所属の会」を結成
無所属の木内孝胤、中島政希、横粂勝仁の3代議士が、新会派「改革無所属の会」の結成を衆院事務局に届け出た。


政党・選挙のトップ・ページへ